ミネウスユキソウ

キク科  ウスユキソウ属   峰薄雪草 


 


 

 


早池峰にて 

 ウスユキソウの仲間は、特定の山にだけ分布が限られる種類がほとんどで す。そのなかで、ミネウスユキソウは、本州の高山帯でどこでも見られる花 です。

 他のウスユキソウの仲間の分布を紹介しておきます。
 北海道の一部地域      エゾウスユキソウ(レブンウスユキソウ)、オオヒラウスユキソウ
、  早池峰山          ハヤチネウスユキソウ
、  東北地方の日本海側     ヒナウスユキソウ(ミヤマウスユキソウ)
、  至仏山、笠ガ岳、谷川岳   ホソバヒナウスユキソウ
 中央アルプス        コマウスユキソウ(ヒメウスユキソウ)

 ミネウスユキソウは、背丈が10センチ程度。特別に綿毛が多いわけでは なく、花も大きなわけではありませんが、ウスユキソウらしく清楚な姿で す。綿毛は個体差があり、けっこう多目のものも見つかります。



 以下に、花の生長・開花の様子を、順に並べてみました。


 



 



 



 

 
///////////////////////////////////////////////////////////


◆仲間 
 
◆関連ページ 
          



       TOPへ

野の花、野草手作り図鑑

 山の便り、大地の恵み (野原森夫)  
http://homepage2.nifty.com/kinokoyama/