マルバダケブキ    丸葉岳蕗 


 キク科  メタカラコウ属   


 ***** 上信国境 池ノ平湿原   7月下旬 *****

 高山に生え、蕗を思わせる丸い葉を茂ら せるため、この名前がついたのでしょう。
 花茎が高さ1メートル余りにまで立 ち上がり、先端に直径8センチほどの頭花を数個咲かせ、その総苞が黒っぽい 紫色なので、遠目にもよく目立ちます。




*分布      本州の中部以北、四国
*花期      7〜8月
*仲間      トウゲブキは、頭花の直径が4センチほど。総苞と頭花柄が枝分かれするところに苞葉があります。
*関連ページ 



      


      






http://trace.kinokoyama.net  
 HomePage TOP へ
記事、写真の無断転載を禁じます Copyright (c) Nohara Morio.
since Nov.2000


野原 森夫