コオニタビラコ    


キク科 ヤブタビラコ属 小鬼田平子




 

 コオニタビラコは、春先の水田でよく見かけます。
 越年生で、冬越しの根生葉は田にぴったりはりつくように、広がって います。「田平子」の名前の由来とされています。
 この田平子の葉は、ロゼット条に八方に広がっていて、その姿を 「仏の座」にたとえて、昔はホトケノザとよばれ、春の七草の一つに数え られてきました。もちろん食べられます。ロゼットはタンポポに似 て、葉の切れ込みが深い。
 シソ科のホトケノザは、別種で、食べられません。

 

 コオニタビラコの花は、集合花で直径1センチ。舌状花が6〜9 個集まっています。
 ニガナやジシバリなどに似ています。綿毛はできません。

 似た仲間のヤブタビラコは、背丈が40センチにまで育ちます。
花の直径は8ミリ前後で、20個ほどの舌状花が集まっています。



 



 

///////////////////////////////////////////////////////////


◆仲間 
 
◆関連ページ 
          





 
山の便り、大地の恵み (野原森夫)  
http://trace.kinokoyama.net/