イワテヒゴタイ      岩手平江帯   

 キク科 トウヒレン属 


 8月中旬 岩手山5合目

   トウヒレンの花は、小さなアザミのよう。しかし、葉にトゲがないのが、まず異なるし、顔を近づけて花をよく見ると、雌しべのてっぺんの柱頭が二つに分かれています。
 トウヒレンの仲間には、関東と中部地方の原野、森から標高2000m程度までに分布するヤハズヒゴタイや、同地域の高山に分布するクロトウヒレン、南アルプスに分布し、背丈が20センチほどのタカネヒゴタイなどがあります。
 これらにたいして、地域的には北東北の山岳地帯に分布する特産種が、イワテヒゴタイです。
 絶滅危惧種 I B 類。



*分布      東北地方北部。
*花期      8月から9月
*仲間      タカネヒゴタイ、クロトウヒレン、ヤハズヒゴタイ。
*関連ページ   



 ヒゴタイの和名の漢字表示は
「平江帯」(貝原益軒の「大和本草」)
「肥後躰」(肥後・細川家「写生帖」)
があります。
   
      

    
      





http://trace.kinokoyama.net  
 HomePage TOP へ
記事、写真の無断転載を禁じます Copyright (c) Nohara Morio.
since Nov.2000


野原 森夫