ハハコグサ     


キク科 ハハコグサ属 母子草 別名、御形(おぎょう) 




 

 ロゼットで冬を越し、春に黄色の花を咲かせます。黄色の部分は 筒状の花の集まりです。こういうタイプの花を頭花(とうか)と呼 んでいます。
 日当たりのよい場所に育ちます。葉にも茎にも、白い細かい毛が びっしり生えています。そして、花が終わって実がつくと先端がほ ほけ立つところから、「ハハコグサ」の呼び名が生まれたとされて います。
 春の七草の御形(おぎょう)は、このハハコグサですが、食べる ほどおいしくはありません。
 有史以前に渡来した帰化植物です。



 



 

///////////////////////////////////////////////////////////


◆仲間 
 
◆関連ページ 
          





 
山の便り、大地の恵み (野原森夫)  
http://trace.kinokoyama.net/