ギンリョウソウ    

イチヤクソウ科  銀竜草




 

   

 8歳と5歳の2人の息子たちと4人の家族登山で、北アに登ったときに、初めてこの 不思議な植物に出会いました。蓮華温泉から朝日岳に登る森の中ででした。
 見つけた子どもたちは、びっくりしました。登山の少し前に、白神山地を紹介したテ レビ番組で、この植物を知った彼らは、「おおっ! シラガミサンチ だ!!」と声を 上げました。
 葉緑素を持たない、透き通った体。森の中で一度、出会ったら、忘れられない植物で す。
 花が咲き出したころ、その中心部には青みがかった太い「柱頭」(雌しべの先端) が、大きく見えています。
 花が終わり、実を結ぶと、雌しべはまん丸にふくらみ、「ゲゲゲの鬼太郎」の「目玉 オヤジ」が、地面に立っているような姿に変わります。

  


 



 

///////////////////////////////////////////////////////////


◆仲間 
 
◆関連ページ 
          





 
山の便り、大地の恵み (野原森夫)  
http://homepage2.nifty.com/kinokoyama/