ベニバナイチヤクソウ      紅花一薬草   

 イチヤクソウ科 イチヤクソウ属 


 7月中旬、蕾  白馬岳・栂池

 花茎を垂直に20センチ余り伸ばし、そこに間隔をあけて下向きに10個前後の薄紅色の花を咲かせます。
 開花する前は、蕾はまんまるで、まるで桃の節句などの飾り付けのようです。
 花は、花弁が5枚あるように見えますが、その基部は一つにちながっている合弁花でお椀型をしています。雌しべは、花の先端から突き出します。



*分布      北海道・本州(東北,関東,中部) 。樹林下、林縁などに自生。
*花期      6月〜7月。
*仲間      イチヤクソウは、半の色が白く、花茎がやや低めです。花冠から突き出る雌しべ(花柱)が湾曲しています。コバノイチヤクソウもやや小さめで、葉が小さい。
*関連ページ   



  一薬草は、全草が複数の薬に使われ、薬草として優れていることかた名づけられたという説があります。
 ギンリョウソウと同じ科で、寄生植物です。
   
      

    
      

    
      






http://trace.kinokoyama.net  
 HomePage TOP へ
記事、写真の無断転載を禁じます Copyright (c) Nohara Morio.
since Nov.2000


野原 森夫