ミヤマハナシノブ    

ハナシノブ科 ハナシノブ属 深山花忍  多年草 




北岳 2002年8月 

 2002年の夏、南アルプスの北岳への登路でこの花を見て、「なんていう花だろう。きれいだなあ」と思って 1枚シャッターを切りました。まさか、北岳の特産種の一つとは、思いませんでした。
 1989年に初めて北岳に登ったときは、8月下旬だったため、この花には気が付きませんでした。

 2005年には、この花に再会するために、北岳に3度目の訪問。7月半ば、咲き出した ばかりのミヤマハナシノブに再会できました。



北岳  2005年7月中旬 

 ミヤマハナシノブは、北海道(カラフトハナシノブ)と、白馬岳周辺、北岳周辺にしか生息し ていない花です。透明感のある青紫の花びらの色が、目を惹きます。花は直径3センチ弱。花冠 は5つに深く分かれています。黄色の雄しべの先端の葯が目立ちます。



若い花の雄しべ 



 

 


雌しべの先が、二つに分かれた様子 



雄しべの花粉が明瞭になってきた様子 

 

 阿蘇山に咲くハナシノブがありますが、ミヤマハナシノブは色が濃い花を咲かせます。「シノ ブ」は、ハナシノブの葉が、シダ類のシノブに似ているからといわれます。

 特産種だけに盗掘の対象となっているのが心配されます。



 

 


 

 
///////////////////////////////////////////////////////////


◆仲間 
    ハナシノブ
◆関連ページ 
          





 
山の便り、大地の恵み (野原森夫)  
http://homepage2.nifty.com/kinokoyama/