オオイヌノフグリ    

ゴマノハグサ科 クワガタソウ属 大犬の陰嚢
帰化植物(ヨーロッパ原産)




高尾・森林科学園 3月上旬 

 彩度の高い青い花を早春から咲かせます。クワガタソウ属の花は、コバル トブルーのこの色がトレードマーク。
 そのなかで、オオイヌノフグリは、花の直径が1センチあるかないか。在来 のイヌノフグリは、花の直径がさらに小さく、4ミリ前後しかありません。
 「イヌノフグリ」の名前は、果実の形が陰嚢にそっくりのことから名づけら れました。
 茎や葉に数ミリの長さの毛がいっぱい生えている「オオイヌノフグリ」が各 地に新たに生息地を広げていますが、こちらは同じ外来で新手の、フラサバソ ウです。

  


高尾・森林科学園 3月上旬 



東京・五日市 3月中旬 

///////////////////////////////////////////////////////////


◆仲間 
 
◆関連ページ 
          





 
山の便り、大地の恵み (野原森夫)  
http://trace.kinokoyama.net/