オオバミゾホオズキ    

ゴマノハグサ科   大葉溝酸漿




 

 夏の終わりから形を現す果実の姿から、名前がつけられる花があります。
 ミゾホオズキもその一つです。実がホオズキのように、種子の部分を萼片が 包んでいるので、この名がつきました。
 ミゾは、溝で、平地のミゾホオズキの場合は、人里近い昔ながらの水路(小 川)の傍などに群生していたので、この人間臭い名前がついたのでしょう。「サ ワホオズキ」「ミズホオズキ」などの名前の方が、語感がいいですね。

 オオバミゾホオズキは、その深山型です。
 オオバといっても、葉の長さは5センチ程度まで。この葉には柄がないこと で、平地型と区別できます。
 茎は角型。
 花は黄色で、筒型。群生するので周囲を明るく演出します。



 



 



 



 

///////////////////////////////////////////////////////////


◆仲間 
 
◆関連ページ 
          





 
山の便り、大地の恵み (野原森夫)  
http://homepage2.nifty.com/kinokoyama/