オニシオガマ   鬼塩竃 


 ゴマノハグサ科 シオガマギク属   


 ***** 北アルプス 兵馬ノ平  8月中旬 *****

  深山や亜高山帯の湿原や沢沿いに生育します。
 ひと目、見て、シオガマギクの仲間とわかりますが、全身が白い 毛に覆われて、直径2センチ近い茎がまっすぐ数十センチに立ち上 がるため、その姿に驚かされます。
 背丈は大きいものでは1メートルに達します。
 茎が伸びかけのころ、先端に1つの花穂を発達させて、長さ4セン チほどの桃色の花を、下から上へと順に開花させていきます。花穂だ けで10センチほどの長さになります。
 シオガマギクの仲間は、イネ科やカヤツリグサ科の植物から養分を とる半寄生植物です。オニシオガマのような図体のものに養分を取られ ては、たまりません。




*分布      本州の石川県から、東北北部の日本海側
*花期      7月〜8月
*仲間      シオガマギク
*関連ページ 


      






http://trace.kinokoyama.net  
 HomePage TOP へ
記事、写真の無断転載を禁じます Copyright (c) Nohara Morio.
since Nov.2000


野原 森夫