クガイソウ    

ゴマノハグサ科  クガイソウ属  九蓋草 




 

 しなやかに曲がる淡い紫色の花穂が美しい。
 花穂は、長いものでは20センチ近くになり、花穂を立ち上げる花の仲間のなかでも、きわだ っています。
 この花穂の姿と、葉が輪生しているのが特徴です。輪生する段数は、数段におよび、葉は5枚 前後が茎の同じ場所から放射状に伸び広がります。重ねた笠を勘定するときに、1蓋、2蓋 ・・・と数えたために、葉の姿を幾重もの笠に見立てて、九蓋草の名がついたとされています。

 ルリトラノオも花は似ていますが、2枚の葉が対生します。



 

 


白花のタイプは、シロクガイソウと呼ばれます。
新潟県・白馬蓮華温泉の兵馬の平 


///////////////////////////////////////////////////////////


◆仲間 
 
◆関連ページ 
          





 
山の便り、大地の恵み (野原森夫)  
http://homepage2.nifty.com/kinokoyama/