エゾシオガマ    


ゴマノハグサ科 シオガマギク属  蝦夷塩竈 




8月上旬 立山 

 高山に咲くヨツバシオガマの仲間で、花の色がクリーム色のものには、 本州の中部以北と北海道に分布するエゾシオガマと、北海道東部、およ び礼文島にのみ分布するネムロシオガマがあります。また、秩父、八ヶ岳、 中央アルプス、南アルプスには、葉がセリのように細かく裂けるセリバシ オガマも分布しています。

 エゾシオガマは、葉が裂けず、縁には重鋸歯があるのが特徴です。
 また、セリバシオガマもエゾシオガマも、花弁は角が丸みのある三角翼 のように広がりますが、セリバ・・ではこの三角翼が水平気味なのにたい して、エゾシオガマでは花弁全体が90度横に屈曲して、回転するスク リューのように見える点も、異なります。

 


8月上旬 奥大日岳 



8月上旬 奥大日岳 

///////////////////////////////////////////////////////////


◆仲間 
   セリバシオガマ、ネムロシオガマ
◆関連ページ 
          






http://trace.kinokoyama.net  
 HomePage TOP へ

記事、写真の無断転載を禁じます Copyright (c) Nohara Morio.
since Nov.2000


野原 森夫