ガンコウラン    


ガンコウラン科 ガンコウラン属 岩高蘭




9月下旬 焼石岳 

 高山の尾根筋などで、ハイマツや潅木などが広がる一帯で 、その根元や小さなスペースの地表を被うように密生する常 緑小低木の一つ。
 枝を地表15センチほどの範囲に這わせて、針葉樹の先端 ような細い肉質の葉を茂らせます。まるで、ミニチュアの試 験管ブラシのよう。
 このガンコウランの葉は、葉の縁が裏側に巻き込んだ筒状 をしていて、気孔からの蒸散を抑え、乾燥から身を守ってい ます。
 花期は、5〜6月。花はミリレベルの小ささで、目立ちま せん。
 9月に黒く熟する果実は、直径10ミリ以下で、鳥が食べ るほかに、ジャムを作る人もいます。
 北海道および本州の中部以北に分布。
 基本種は、北半球に広く分布します。



 

///////////////////////////////////////////////////////////


◆仲間 
 
◆関連ページ 
          





 
山の便り、大地の恵み (野原森夫)  
http://trace.kinokoyama.net/