ヘクソカズラ     


アカネ科 屁糞葛 




7月末 奥多摩 

 細長く白い鐘形の花。花の中央部は、濃い赤色をしています。つる状の 茎を伸ばして、個性的な姿のこの花をたくさんつけるため、山野でも、住 宅地や線路沿いの垣根でも、よく引き立ちます。
 花期は夏。
 葉は、両面に毛があります。
 秋には、直径4ミリほどの黄褐色の実を、花の数だけつけます。葉が枯れ 落ちたあとも、つるに付いたたくさんの実は、冬を越して春まで残ります。  葉や果実にひどい臭いがあるため、こんな名前がつけられました。けれど、 初めて見る人には、美しく印象的な花です。思わず触ってしまわないように と、注意の気持ちをこめての名づけなのかもしれません。



 



 

///////////////////////////////////////////////////////////


◆仲間 
 
◆関連ページ 
          





 
山の便り、大地の恵み (野原森夫)  
http://trace.kinokoyama.net/