ヤナギラン 

アカバナ科  アカバナ属   柳蘭 




 

 尾瀬・長蔵小屋のそばの大江湿原には、「ヤナギランの丘」があります。ヤナギランの群生す るこの丘には、長蔵小屋三代のお墓があります。
 ヤナギランは、まっすぐ高く立ち上がる花穂に、下部から順に花を咲かせていくため、花期が 7月から9月初めまでと、とても長いのが特徴。山梨県・芦安では「百日花」の別名があります 。夏季が長く、背丈が大きく、しかも大きな群生をかたちづくるために、盛期には一面、紅紫色 の、見事な景観が展開します。
 秋には葉、茎が紅葉し、また見事な景観をつくります。

 名前のヤナギランは、細い葉が柳に似ているので「柳」まではわかるのですが、花はけっして 「蘭」とはいえません。4枚花弁の花の様子は、その色合いも、むしろ、同じ科同じ属の、アカ バナに似ているように感じます。花穂にいっぱい花をつけて立ち上がるにぎやかさが、「蘭」に たとえられたのかもしれません。



 

 


雌しべは、まだ下に垂れている 

 雄しべ、雌しべは、雄しべが先に成熟して、他の株の雌しべに受粉します。そのあいだ、雌し べは花の陰に隠れて、成熟する時期を待ち、他の花の雄しべの花粉を待ちます。
 ヤナギランの種子は、風で飛んで、生息地を広げていきます。林が伐採されたり、林道がつく られたあたりなどを、どんどん新しい住処にします。種子には、白くて長い毛があります。

 


大きく下にまいて、花びらの下側に接しているのが、雌しべ 

 


若い株の、伸び始めの花穂 

 
///////////////////////////////////////////////////////////


◆仲間 
 
◆関連ページ 
          



       TOPへ

野の花、野草手作り図鑑

 山の便り、大地の恵み (野原森夫)  
http://homepage2.nifty.com/kinokoyama/