ヤマユリ    

ユリ科  山百合




 

  

 直径20センチほどもある大輪の花を、一度に5、6個以上も1株に咲かせるの で、茎が根本からしなっている様子を見ることもあります。
 これだけ派手なのに、日本特産種。近畿地方以東に広く分布しています。東北自 動車道などでは、法面の傾斜地を、この白いユリが、延々と埋め尽くすように咲き 誇っている様子も観察できます。夏の、郷里への往復の、楽しみな眺めの一つで す。
 農業地帯では、農家の庭先や田の傍らなどに、ヤマユリを移植して大きな株に育 て、見事な花に育てている様子も、よく目にします。
 ヤマユリの地中にある鱗形には、コンニャクの原料と同じ成分が多量に含まれ、縄 文の昔から食用にされてきました。ヤマユリを身近で育てるのは、花が見映えする だけでなく、救荒植物として受け継がれてきた慣習もあるのかもしれません。



 



 

///////////////////////////////////////////////////////////


◆仲間 
 
◆関連ページ 
          





 
山の便り、大地の恵み (野原森夫)  
http://homepage2.nifty.com/kinokoyama/