チゴユリ     


ユリ科 チゴユリ属  稚児百合 




5月初旬 奥多摩の中腹 

 木漏れ日がわずかに差す程度の、やや暗い林床に、うつむき加減に花 をつけて群生しています。小さな体なので、「稚児百合」。花が、その 体や花茎の割合に重いので、首を垂れてしまうのでしょう。
 背丈も15センチ前後。足元にあると、見落としてしまうような、春の花です。
 雌しべの先端は3つに分枝しています。
 雄しべは黄色の葯をもちます。
 夏の終わりに、黒い実を1つつけます。

 


 



 

///////////////////////////////////////////////////////////


◆仲間 
 
◆関連ページ 
          





 
山の便り、大地の恵み (野原森夫)  
http://trace.kinokoyama.net/