タケシマラン    

ユリ科   竹縞蘭




オオバタケシマランの可能性もあり。 白馬岳  2005年7月下旬 

 

タケシマランの花は、ミニチュアのゆでダコが順にぶら下がっているような姿をしてい ると、初めて見た私は思いました。
 背丈は15センチから50センチ。茎の、葉が伸びだしている場所から、花が1こずつ ぶらがさがっています。
 夏の終わりごろから秋にかけて、その花は1個ずつの赤い果実に変身します。この果実 は、意外に大きめ、重たげです。1個味わってみたら、淡い甘味がしたけれど、おいしい というものではありませんでした。

 背丈がより大きなオオバタケシマランもあります。こちらは、花をぶら下げている柄が ねじれているのが目印です。

  


五竜岳  2005年9月中旬 



 

///////////////////////////////////////////////////////////


◆仲間 
 
◆関連ページ 
          





 
山の便り、大地の恵み (野原森夫)  
http://homepage2.nifty.com/kinokoyama/