ショウジョウバカマ

    ユリ科 ショウジョウバカマ属 猩々袴




北アルプス 爺ヶ岳の山道で 2005年4月29日 

 雪解けで現れた地面に、最初に顔を出す花の代表格です。
 明るい赤紫色の目立つ姿も、花の季節の訪れを教えてくれるにふさわしい。
 4月から5月が開花の時期ですが、夏の北アルプスの三俣蓮華岳の山頂直下の雪田 脇で、8月初旬に出会ったこともありました。

 


福島県 幕川の谷で 2002年4月28日 

 名前の言われは、能の猩々の赤く長い髪がなびく頭に花を見立て、葉は緑色の袴に見 立てたからとのこと。確たる根拠はあるのかなと思います。
 開花の前、花茎が立ち上がって、まだ淡い黄緑色の段階でも、花の桃色の部分は、軸 のように固まって形をなしてきます。上半身は桃色、下半身は黄緑色。その様子も、名 前につながる秘密があるのかもしれません。

 私には謎の花。姿もなぞめいています。

 


 

 
///////////////////////////////////////////////////////////


◆仲間 
◆関連ページ 
高山山麓のヨブスマソウと安達太良山の雪形   2002年 4月
         



       TOPへ

野の花、野草手作り図鑑

 山の便り、大地の恵み (野原森夫)  
http://homepage2.nifty.com/kinokoyama/