サルトリイバラ     


ユリ科 シオデ属(サルトリイバラ属とする図鑑もある) 猿取茨
  別名:サンキライ(山帰来) 




 

 5月末、踏み跡をたどって奥多摩の無名の山頂に登ったとき、半 ば透き通った、黄色の小さな花の集まりを見つけました。花は、小 さなトゲがついたツルから間隔をあけてぶら下がっています。開い たばかりの葉は丸みがあり、縁にはノコギリ歯が見られるものの、 柔らかな緑色でした。
 それがサルトリイバラでした。
 猿も往生するようなツル性のイバラと名づけられていますが、花 の季節に出合うと、そんな手ごわさはどこにも感じられません。
 落葉蔓性木本。雌雄異株。
 サルトリイバラは、ユリ科の、しかも山菜として知られる、やは りツル性のシオデ属に属します。
 ユリ科の多くの野草と同様に、サルトリイバラの場合も、山菜と して親しまれ、葉を食べることができます。
 秋に赤い実をつけます。

 


 



 



実のもとが、出来始めている 

///////////////////////////////////////////////////////////


◆仲間 
 
◆関連ページ 
          





 
山の便り、大地の恵み (野原森夫)  
http://trace.kinokoyama.net/