マイヅルソウ     

ユリ科  マイヅルソウ属  舞鶴草 




奥志賀  2005年7月下旬 

 「中空の、金平糖のような花だなあ」と思いました。そんな白い透明感のある 可愛い花が、1本立てた茎から、てんでばらばらな方向を向いて10個ぐらい、 咲きます。
 この花の姿からは、「舞鶴」を連想させるものはありません。
 2枚の葉を、鶴が舞うように広げているところから、この名前がつけられたと いう説があります。葉脈が飛び立つ羽に似ているとの説もあるのだそうです。舞 鶴草は、葉の姿から出た名前です。

 この葉は、地上わずか10センチ内外のところに、這うように広がります。  花もせいぜい3ミリ。
 登山道ではありふれた花だけに、登るのに懸命になると、気づかないままに なってしまう花です。私がずっとそうでした。



 



 



 



 

///////////////////////////////////////////////////////////


◆仲間 
 
◆関連ページ 
          





 
山の便り、大地の恵み (野原森夫)  
http://homepage2.nifty.com/kinokoyama/