クルマユリ 

ユリ科  車百合 




 

 最初にこの花を目の前で見たのは、白馬鑓ヶ岳の中腹の、雪渓脇のお花 畑でした。
 花弁がまんまるに反り返った形から、「車百合」の名前がつけられたも のと、私は早合点していました。
 図鑑によると、茎の一部分から、10枚前後の葉が放射状に伸びている(輪 生)ことから、つけられたものだそうです。
 色が抜群に鮮やかなことと、ともに群生する他の高山植物よりも、背丈 が一段高いこともあって、夏の高山のお花畑で、クルマユリの花はとてもよく 目立ちます。



 

 


 

 


 

 


 

 
///////////////////////////////////////////////////////////


◆仲間 
 
◆関連ページ 
          



       TOPへ

野の花、野草手作り図鑑

 山の便り、大地の恵み (野原森夫)  
http://homepage2.nifty.com/kinokoyama/