コバイケイソウ    

ユリ科 シュロソウ属   小梅尅吹@




白馬山麓 2005年7月下旬 

 夏の山で、ごく普通に見られる高山植物の一つです。背丈が1メートル前後に まで育ち、花も豪勢につけます。開花、結実に大きなエネルギーを使うためか、大 群落が出現するのは数年に一度と言われています。ただ、ニッコウキスゲの当た り年にはコバイケイソウの花もたくさん見られるので、前年の天候・自然条件な どが「当たり年」の出現に関係しているのかもしれません。

 バイケイソウは、背丈が1・5メートル余りになり、花の穂の花の密度はコバイ ケイソウよりもまばら。そこに直径が2センチほどの緑白色の花をつけます。バイ ケイソウの花が梅に似ており、葉は尢魔ノ似ているために、「梅尅吹v。そこから 類種の高山型のコバイケイソウ(小梅尅吹jの名がつけられました。
 しかし、コバイケイソウの花は、小型のお椀型で白ないしクリーム色。どこかウ ツギの花を思わせる姿です。漢字で書くと名前にそぐわないように思います。

 コバイケイソウの若芽は、オオバギボウシ(山菜名はウルイ)と似ており、中毒 例が後を絶ちません。
 芽吹きの様子は、地面からこん棒が伸びだしてきたようにも見えます。



 

 


 

 


 

 


奥多摩・芋ノ木ドッケ 2001年5月初旬 

 
///////////////////////////////////////////////////////////


◆仲間 
  バイケイソウ
  ミヤマバイケイソウ
◆関連ページ 
          





 
山の便り、大地の恵み (野原森夫)  
http://homepage2.nifty.com/kinokoyama/