キヌガサソウ    

ユリ科 ツクバネソウ属  衣笠草 




 

 北アルプスの鏡平は、夏の初めまで残雪があちこちに残ります。その雪がいつ もより多かった夏、8月、残雪が消えたばかりの草むらから、キヌガサソウの若 い芽がいっせいに伸びだしていました。いまごろやっと、芽を伸ばすのかと、キ ヌガサソウの夏の短さに驚かされました。

 早く雪が融けた場所のキヌガサソウは、名前の由来になった、傘のように葉を 八方に大きく広げ、その真ん中から1本の花柄(花茎)がまっすぐ立ち、先端に 白いくっきりした花を開かせています。
 花の色は、盛期をすぎるとわずかに赤みを帯びていきます。この色合いの変化 に予備知識がなかった私は、キヌガサソウ に初めて出会った火打山の天狗原で、株ごとの花の色を見比べて、他の登山者と 「不思議だね」「きれいだね」と何度も言い合い、その場をすぐには立去れませ んでした。思えばあの場所も、小さな湿地のそばの、残雪が遅くまで残る場所で した。

 花弁は8枚前後、萼片も8つ。葉は7から10枚程度。
 姿が美しく、見映えのする花です。



 

 


 

 


 

 


 

 
///////////////////////////////////////////////////////////


◆仲間 
 
◆関連ページ 
          





 
山の便り、大地の恵み (野原森夫)  
http://trace.kinokoyama.net/