花期  3月〜5月
 分布

 北海道、本州(中部以北と、滋賀県、岡山県、広島県、山口県)、四国、 九州。西日本では生育は稀で、絶滅危惧種に指定している県もある。

 生態

 真上から見ると三角形の小さな栗型の実をつけたあと、夏までに地上部 は枯れ、そのまま冬を越す。地下に直径2センチの鱗茎があり、この養分で翌 春に芽を出す。鱗茎と葉などは食べられる。

 仲間  チシマアマナ、ホソバノアマナ
ユリ科 キバナノアマナ属

 北方系のユリ科の植物で、明るい黄色の花がよく目立ちます。札幌市内など では、春の訪れを告げる花として、野山でも、都市部の公園や大学の構内など でも、どこにでも群生しています。
 花の茎と、細く柔らかい葉とを、いっしょに伸ばします。花の直径は2センチほ ど。咲き始めはやや緑色を帯びていますが、しだいに鮮やかな黄色になります。葉 は広線形。基部は茎を包みます。
 草丈は、20センチ。

     5月上旬
  江別市 野幌森林公園 
キバナノアマナ  黄花甘菜









 
山の便り、大地の恵み (野原森夫)  
http://trace.kinokoyama.net/