ギョウジャニンニク     

ユリ科   行者大蒜  




 

 ギョウジャニンニクでは、思い出しても苦笑いしてしまう失敗があります。  北海道の日本海側、留萌に近い暑寒別岳(しょかんべつだけ)に登ったときのこ と、縦走もようやく終点の山小屋で夕ごはんをつくることになり、イワナや山菜を 求めて手分けして沢へ入りました。そこで同僚の一人が見つけたのがギョウジャニ ンニクの群落です。
 姿は、スズラン(有毒)やオオバギボウシ(食用)とちょっと似ています。で も、茎を包んでいる葉の根元(はかま)が赤く色づいているのが良い目印になりま す。根元からもぎとって嗅いだ臭いも、ニンニクそのものです。

 小屋へもどり、鍋で油いために。おひたしもつくりました。食欲をそそるいい香り が小屋の中にたちこめました。ゆでた葉は、色もあざやかです。各人が一束分ほども 食べたでしょうか。その昔、修行者たちが好んで食べたといわれるギョウジャニンニ クです。山旅に疲れた私たちも、次つぎにハシを口にはこびました。

 異変には、朝になって気づきました。オナラの臭いに、強いニンニク臭があるので す。林道を歩いていても、誰かがちょっともらせば、全員がわかってしまうくらいで す。野外では、まだ笑い合ってすみました。が、帰りのディーゼル列車の車内では、 そうはいきません。他の乗客の雰囲気が妙です。こちらも、下腹に気を使って、心お だやかではありません。帰ってから、臭いのはオナラだけでなく、息も体もみんなに おっていることに気づかされました。この臭いは四、五日も続きました。なにしろ乳牛 が食べると乳が臭くなって売り物にならなくなるくらいなのです。

 それでも、「また、あのおいしいおひたしが食べたい。世間の迷惑がなんだ」と、食 べた人をひきつけてしまうのが、ギョウジャニンニクです。やわらかな歯ざわり、ニン ニクとニラを合わせたような香り、甘みのある味。これほど個性のある山菜もないでしょう。

 分布は、本州北部と北海道。時期は六月まで。さがすときは、渓流のわきや林の中の開 けた地形のところで、地面が湿っている場所を目安にします。群生するので、一カ所見つ ければ、充分な収穫があります。似た野草が多いので、かならず臭いで確認することで す。生の葉には辛味がありますが、ゆでれば甘味がでます。ラーメンの具や卵とじにも合 います。



 



 

///////////////////////////////////////////////////////////


◆仲間 
 
◆関連ページ 
          





 
山の便り、大地の恵み (野原森夫)  
http://homepage2.nifty.com/kinokoyama/