ツユクサ 

 ツユクサ科





 

 


 

 ツユクサは、まじまじと見ると凝ったつくりです。
 花は、2枚貝のように閉じた「苞」(ホウ)の間から、順に日をおいて出てきて、咲 きます。
 長く伸びた3本の細い糸のようなもののうち、先端に何もついていないのが雌しべ。
 先端に薄茶色の花粉をいっぱいもっているのが、雄しべです。

 花の中心近くに3つある先端が黄色の雄しべ様のものは、にせもの(カモフラージュ )の雄しべ。
 これは昆虫をひきつけるためのもの。

 中間あたりにも1本、雄しべ様のものがあり、黄色の花粉?が見られます。これも、 にせものの雄しべなんだそうで、これは役に立つ花粉をもつのでは? という話もあります。

 花びらは3枚で、2枚は大きな青い色。1枚は、真ん中の下向きに白っぽい小さいも のが垂れています。



 

 朝の通勤時、ツユクサがみずみずしく咲き出しており、この姿を眺めるのが毎日、楽 しみな季節です。
 夜、帰宅する時間帯は、とっくに花はしおれ、別の株がもう翌朝用のつぼみを見せて います。



 

 
///////////////////////////////////////////////////////////


◆仲間 
    オオムラサキツユクサ
    オオムラサキツユクサ(白花)
◆関連ページ 
          



       TOPへ

野の花、野草手作り図鑑

 山の便り、大地の恵み (野原森夫)  
http://homepage2.nifty.com/kinokoyama/