オオムラサキツユクサ 

    ツユクサ科  大紫露草




あきる野市で 2005年5月22日 
色もかなり派手。姿も大きい。ツユクサとは別物に見えます。園芸品種。


 
 

 関東では園芸種のオオムラサキツユクサが勢力を拡張しているます。5月後半から目 立ち始め、目にするのはオオムラサキツユクサばかりという状態になっています。
 在来のツユクサは6月に入ってから花をつけ、目立ち始めます。
 オオムラサキツユクサは、梅雨の訪れがもうすぐであることを教えて くれ、線路や道路際を鮮やかにいろどります。



雄しべの様子。花糸からたくさんの毛が伸びている。
先端のヤクは、周囲がほころび、花粉が飛び出す 


 


6月上旬、 道志で 

 
///////////////////////////////////////////////////////////


◆仲間 
  ムラサキツユクサ
  ツユクサ
  白い「オオムラサキツユクサ」
◆関連ページ 
          



       TOPへ

野の花、野草手作り図鑑

 山の便り、大地の恵み (野原森夫)  
http://homepage2.nifty.com/kinokoyama/