分布   北海道、本州
生態   ミズバショウと同じような湿地に生えます
仲間   ミズバショウ
   
 サトイモ科 ザゼンソウ属

 ミズバショウ属、ザゼンソウ属などでは、丸みのある半円ドームの ような「仏炎苞」に包まれて、人の指先のような形の花序があります。 花序は、細かい小さな花がぎっしり詰まっています。  ザゼンソウは、この花序が水芭蕉にくらべて丸みがあり、長さが短い。 そこで、花序を坐禅をくむお坊さんに見立ててこの名前があります。  仏炎苞は、チョコレート色で、目立たない。北海道では、花と葉が同時に 伸びだし、開きだす場合が多く、またミズバショウと同じ時期に、一気に 開花します。  花が開花する方向は、太陽の位置や日当たりと関係が深いものが多い のですが、ザゼンソウは、てんでばらばらな方向にこの「お坊さん」が向いて、 坐禅を組んでいます。
     5月上旬
  北海道江別市 野幌森林公園 
ザゼンソウ   座禅草









 
山の便り、大地の恵み (野原森夫)  
http://trace.kinokoyama.net/