シュンラン    


ラン科 シュンラン属  春蘭




3月下旬 静岡県熱海市の雑木林 

 日本産の蘭で、中国にも生息します。まだ芽吹き前の 明るい雑木林の枯葉を持ち上げて、透き通った感じがす る芽を伸ばしてきます。
 花は、これで咲いているの? とよく聞かれるほど、 目立たない開花です。花弁もガクも、茎と似た色合いだ からでしょう。
 ガクが3枚あり、左右に1枚ずつの側花弁があり、こ れらは緑色〜黄緑色です。内部から下向きに伸びて下が る唇弁はそれよりも白ないしクリーム色がかり、紫の斑 点があり。



3月下旬 静岡県熱海市の雑木林 



 

 春の訪れで注目をあびるのはセツブンソウやカタクリ です。でも雑木林のなかでちょっと地味なシュンランも、い よいよ春本番を実感させてくれる花です。
 夏の日当たりが強い場所は好まず、木の葉が茂る時期 に、木漏れ日が差し込んだり、半日陰となる場所を好ん で繁殖します。
 葉は冬も枯れず、幅1〜2センチ、細長く、長さ20 センチ余り。葉の縁には細かい鋸歯があります。大株の ものほど、何本もの花茎がよく立ち上がります。



 

///////////////////////////////////////////////////////////


◆仲間 
 
◆関連ページ 
          





 
山の便り、大地の恵み (野原森夫)  
http://trace.kinokoyama.net/