ネジバナ    


ラン科  ネジバナ属  捩花 




8月初旬 八ヶ岳山麓 

 濃淡があるピンク色の小さな花を、茎を登りあがるようにラセン状に つけます。花は長さ5ミリ前後。

 花を間近で見ると、上からかぶさる背ガク片と、両側の側花弁は、淡い 紅色。花の中心部から前に伸び、下に垂れる唇弁は、微小な泡粒が集まった ような形状で白っぽく透き通って見えます。「泡を吹いている」ように も形容できます。
 花がねじれてつく方向は、左右両まきがあります。ほとんど直線に 並ぶ花序も見られます。

 日当たりの良い草むらなどに生育。
 日本各地に分布します。

 別名 捩摺(モジズリ)は、捩り模様の織物の名前から。



8月初旬 八ヶ岳山麓 



ねじれずに、直線に並んだ花序
8月初旬 八ヶ岳山麓 




8月初旬 八ヶ岳山麓 

///////////////////////////////////////////////////////////


◆仲間 
 
◆関連ページ 
          






http://trace.kinokoyama.net  
 HomePage TOP へ

記事、写真の無断転載を禁じます Copyright (c) Nohara Morio.
since Nov.2000


野原 森夫