ハクサンチドリ     


ラン科 ハクサンチドリ属   白山千鳥




中央アルプス・三ノ沢岳 7月末 

 高山の稜線わきのお花畑などで、よく見かけるランです。
 千鳥の名前は、飛ぶ鳥のような姿をした花を数個から十数個もつけて、咲かせる 姿から名づけられたのでしょう。翼や嘴の先端にあたる部分は、細く、鋭く尖って 躍動的です。近づいて見ると、遠めに見た艶やかさとは異なった印象です。
 色は、淡い桃色もありますが、朱色が濃いめのものが見られ、草むらでよく目立ち ます。朱色が鮮やかな花の色は、写真ではうまく再現できません。

 


中央アルプス・三ノ沢岳 7月末  



中央アルプス・三ノ沢岳 7月末  

///////////////////////////////////////////////////////////


◆仲間 テガタチドリは、花の色が薄く、大型で花穂状 にたくさんの花をつけます。
 
◆関連ページ 
          






http://trace.kinokoyama.net  
 HomePage TOP へ

記事、写真の無断転載を禁じます Copyright (c) Nohara Morio.
since Nov.2000


野原 森夫