ヒオウギアヤメ    

アヤメ科  アヤメ属  桧扇菖蒲 




 

 ヒオウギアヤメに初めて出会ったのは、白馬蓮華温泉から朝日岳への登山道 の途中にある兵馬ノ平という湿原でした。山の花には珍しい艶やかさと、花の 大きさに驚かされました。その色は、山で見れば目立つけれども、アヤメの仲間 のかかではまだ落ち着いた色合いのものかもしれません。しっとりとした、みず みずしい青紫の花です。  大きな花弁(外花被片)が3枚あり、その模様は、黄色い地に紫の網目が入った ものです。この網目模様は、ヒオウギアヤメとアヤメだけのもの。カキツバタ には、この模様はありません。  ヒオウギ(桧扇)とは、昔、お公家さんらが使った扇です。剣状の葉が広がって 伸びる様子を、この桧扇にたとえて、名づけられました。


 

 


 

 


 

 


シロバナヒオウギアヤメ  8月上旬 鳥海山 

 
///////////////////////////////////////////////////////////


◆仲間 
 
◆関連ページ 
          





 
山の便り、大地の恵み (野原森夫)  
http://trace.kinokoyama.net/