梅雨の日の収穫


2000年6月17日




 どんよりとした日が続く、このごろ。もうすぐ、夏野菜の 収穫期に入る。その直前の作物の近況と収穫。(畑はいま、 草ぼうぼうで、格闘中です。)

キヌサヤエンドウ、スナックエンドウ  春蒔きで遅れ気味に 育ってきたので、5月下旬に収穫が山場に入り、食べきれ ず、カバンを丸々一杯にして職場に持っていき、小袋に分け てみんなに持ちかえってもらった。スナックエンドウは、意 外に食べたことのない人が多く、「甘味がある」「ビールに 合う」など好評だった。
 16日もポリ袋にいっぱい収穫した。早く成長した分から 収穫が終わり、大半のものが白く葉、茎が変色している。こ れが「うどん粉病」?
 サヤエンドウは、夏野菜に移るまでの緑の供給源として、 貴重だった。
(キヌサヤはゆでて冷凍保存する方法があるというアドバイ スを、この通信をFAGRIに送ってから、メンバーの方か らいただきました。)

ズッキーニ  今年は東急ハンズで種を手に入れてくる暇がな くて、近所の園芸店で苗を2本、購入した。
 5月27日にキュウリの小さいものくらいのもので、まだ 黄色い花が付いたものを2本、初収穫。毎年、ズッキーニ は、実が成長途中で腐ったり、株ごと病気で腐らせてしま う。大きくすると次男が食べにくいというので、「軟らかい ものを早めに収穫してね」と妻から指示が出されている。初 物をトマトや黄色のピーマンなどといっしょにイタリア風に 煮込んだものはおいしかった。
 その後は、順調に育ち、15センチ〜25センチほどのも のを4、5日おきに3、4本ずつ収穫している。  6月16日には、早々と病気が出た。成長中の実が、途中 から腐れている。のぞいてはみたが、1株は早くだめになっ てしまうかもしれない。今から種を入手して、少し離れた場 所にまいておかないとと思う。
 それにしても、ズッキーニを病気からまもる方法はないの でしょうか。

スイカ 4株を植えて、順調にツルが伸びている。5月下旬 からは、朝、雌花を見つけると雄花を摘んで花粉を着けてや る作業に努めてきた。もう、7、8個は「人工受粉」をした はずなのに、いまのところ育ちはじめた実の姿は見えない。
 肥やし(残肥)が、あったのか。何か、失敗してしまった かもしれない。

トマト 大玉(桃太郎)、中玉、チェリートマトの3種類を 植えつけて、6月16日現在で1メートルほどの背丈とな り、それぞれ実を重く付けはじめた。6月に入って、雨が あったあと、大玉が1株、茎が黒く変色する病気にかかり、 除いた。雨除けをしないと、やはりうまくは育たないよう だ。

インゲン 種まきして育てたが、イチゴの畝のわきだったの で、やってきた鳥に4株分は芽を食われてしまった。もう4 株から6本ほどが伸びて、いま、高さ160センチほどにツ ルを伸ばしている。花もそろそろなので、収穫まであと半月 くらいだろうか。
 妻がモロッコ・インゲンの種を20粒くらい、患者さんの 農家の方からもらってきた。こちらは5月末に種まきして、 いま背丈が25センチくらい。どんなサヤ、実がなるのか、 楽しみ。農家の方のアドバイスでは、時期をずらせてまた蒔 けば、夏をまたいでずっと収穫ができるとか。

キュウリ 支柱を組んだ畝に、種を蒔いて、放ってある。茎 は枝分かれがすすんでいるが、例年通り、放任栽培。背丈は 1メートル近く、花モスクワそろそろ。

ニガウリ 1株、園芸店から中太タイプを購入してきた。そ のあと、細長い普通タイプのものを3、4株、種まきした。 ツルは高さ1メートルを超した。まだ緑が薄く、なよなよし ている。ニガウリは、梅雨が明けてカッと暑くなってから、 信じられないくらいたくましく成長しはじめ、緑も濃くな り、実がつぎつぎとなる。

トウモロコシ 肥やしが少なすぎたようで、成長がいま一 つ。高さ1・2メートルくらいのところで、15日ごろから 花が咲き始めた。遅まきした分は、まだ80センチの背丈。 第3次の分も、そろそろ蒔こうと思う。

里芋、京芋、八ツ頭 まだ1番葉から2番葉に移行するあた りで、姿は小さく、伸びたものの背丈は30センチたらず。 順調に育っている。京芋は、種芋が小さかったのに、立派な 芽を伸ばしてきた。残っている種芋も、あいた畝に植えつけ てしまおうと思う。

長ナス 背丈50〜60センチ。6月11日に初収穫した。

イチゴ これが頭がいたい。11日が最後の収穫で15粒ほ ど。株は雑草に埋もれて、まるで雑草の畝のよう。雑草抜き をしたら、2時間はかかりそうだ。ランナーをどんどん伸ば している。草を除いて、真夏になる前に子苗をつくりたい。

サツマイモ なんだか、成長がいつもよりも遅いのではと思 う。まだ元気に太いツルを伸ばしてくるのが少ない。15〜 20センチ四方に茎、葉を広げている。

ピーマン 普通の緑色のと、黄色いのを苗から育てている。 実を付けだした。

ミョウガ ミョウガタケをそのまま育てて、畑のものは10 本ほどの緑の茎が林立している。けれども、肝心のミョウガ が、なかなか芽を出してくれない。もう少しか。家の庭のも のも順調。

レタス 5月中旬に移植した分は、ようやく結球しはじめ た。いつもいっぺんにたくさんできて、食べきれず腐らせて しまうので、今年は1次分は8玉に限った。これでも食べれ ば1ヵ月近くかかるから、十分。結球するまでの中継ぎに、 苗が密生しているところから刈り取っては、「葉レタス」 (若い葉)を楽しんでいる。

アスパラガス 3年めのものも、早々と収穫は止めて、株の 成長につとめたが、どうも元気が足りず、茎の本数が少なめ だ。今春種まきした分は、元気に苗が育っている。




6月25日

 25日は、ズッキーニを3本、キュウリ(初収穫)を6 本、レタスを3玉、ミニトマト(初収穫)を3個、長ナスを 3個、収穫しました。小雨の中、1時間ほど、エンジン刈り 払い機をうならせて、今年3度目の草刈りをしました。初め て、草がからまない回転刃を装着してみたのですが、はっき りとした効果はなかったみたい。歯が、円盤の中間あたりに も2本、突き出ています。

 ニガウリの花が咲き始めました。トウモロコシの収穫にま で、もう少し。五日市街道の沿道には、名物のトウモロコシ の直売店が100メートルに1軒ほどの密度で出ています。 今年は、初売りが5本800円。カルテルで、どこも同じ値 段です。

 ズッキーニは、例によってトマト味で、ベーコン、ナス、 ピーマンなどと野菜煮にしていただきました。作りたては、 歯ごたえもよくて、子どもたちはお代わりをしていました。
 キュウリもナスも、大きく育って、一気に収穫の盛期に入 ります。トマトもたわわに実をぶらさげています。

 夏野菜の季節に入ってきましたね。




野菜づくり 表紙へ     TOPへ

    山の便り、大地の恵み (野原森夫)  
http://homepage2.nifty.com/kinokoyama/